ブログ

ただ身体に任せて動いてみるといいのにね。

何処の筋肉を動かせばいいのかとか、考えてばかりいたら、その時自分がどう動いているか注意は向けられなくなります。。

日常動くとき、例えば手をあげたり、ものを取ったり、拾ったりするとき、これを拾う時には~どこどこの筋肉を動かしてとか、この動きの時はこの筋肉を動かして・・なんてやってたら、アイスクリームも解けちゃうなぁ。

動きやすい動きを学ぶのは脳です。体全体で動くよう脳に学んでもらうことが大切なんだけど。
でも、その人にとって今は筋肉なんだな。それも、その人にとっての今なんだな。

朗読の稽古
明日、夏目漱石の「夢十夜」より第十話読んでみようと思う。

チャレンジだなぁ。変な話だけど面白い。

ストーリー イケコ
台本・演出 永井寛孝
朗読?語り?物語? イケコ

お箏演奏・編曲 武田明美

12月に舞台でやった作品をイベントスペース イーストコートさんで撮影配信して頂きます。
6日に収録・配信
イベントスペース:イーストコート(飯能)

画像は12月の北本文化センターでの公演より↓

動きながら呼吸を深くしていくことに大切さを、レッスンを受けてくださってる皆さんから感じています。動きながらが大事なんです。動きながら呼吸を無理せず少しずつ深くしていくと、自分の持ってる許容量酸素が体中に広がっていきます。体の輪郭も広がります。
2月20日(土)10時よりリモートで動きと呼吸のレッスン行います。

問い合わせ→イケコからだスタディ

ありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。昨日の公演無事終了しました。 お琴の武田明美さんに助けられ幸せな時間でした。 主催者の文化センターのみなさま、お客様、いつも支えてくれるスタッフのみなさま、家族、応援してくれるみなさま、ワンにゃんたち、ありがとうございました。(客席数の三分の一での開催)

こんな時期ですなので、かなりのソーシャルディスタンスで撮影しました。

それでもとても良い時間でした。

美優さんJunさんの共作「手のひら」のプロモーションビデオの中にマイムで参加させていただきました。とても良い時間でした。

こんな時期だから余計感じます。表現することのうれしさ楽しさ喜びを。


演出、歌、作詞:美優

音楽、撮影、作曲:Jun Mikuni

 マイム:イケコ


フェルデンクライス博士は多くの言葉を残している。

「人間は誰もが未発達」そして「脳の学びに限界はない」と。

大人になるとなぜこうも自分の動きを制限してしまうのだろう。

俳優、声優志望の若者たちとのレッスンで「おっと、どっこい、どうしたんだ?」未来への夢を持ちひた向きにレッスンに取り組んでる若者の動きがなんだかぎこちないぞ。

このことは本人の問題ではないと見て取れた。

環境・教育・時代がそうさせたのではないかと。

自分のからだの感覚を使って、興味に向かって思う存分全身を使う経験が少なかったのではないだろうか?

思う存分自由になんてできる子どもはそうはいないという人もいるが、この夢多き若者たちが、夢にむかって思う存分進んでいくのには楽で動きやすいからだが必要。

ブレーキをかけやすいのが自分自身のからだの動きだということに気づいてもらえるようレッスンしていこうと思う。そして試せば今がどんな状態でも、よい方向に変化していくということを自分のからだの動きを通して体験してもらえるよう心とスキルを尽くそうと心底思う。この若者たちには学ぶ力と豊かな可能性があるのだから。

大切なことは、原因を追究することではなく、今起きていることに注意を向け対処していくこと、今あるからだを生かして新しい楽な動きを学ぶプロセスを楽しむこと。

自分のうごきを試すのは面白い。いま少しだけぎこちないのは試すの忘れてるだけだから、あるいは試し方が解からないだけなのだから。きっかけさえつかめば、この若者たちは自分で自由に試すことを学びだす。

先日のレッスンでもほんの少し動きを提案したことで、動きの質が劇的に変化した人がいました。レッスン後「こんな動き方をしたの初めてだと思う。今まであった体の違和感がなくなって自分でもびっくりです」と話してくれた。

私が何かしたんじゃないよ。あなたが自分で見つけたんだよ~

さぁ、次回は赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲む動きから始めるよ。

口を動かし顔面神経が発達しその刺激が脳を発達させていく、そのプロセスを体験するなんて、面白い以外にないでしょ。自分だけの発達のプロセスだもの。他の人はまねできない個々のもの。

発達のプロセスを大人がたどる、自分のからだを冒険しながら新しいこと見つける旅だよ~

人間が人間として動きを学ぶ初めのころから~これは楽しい人間の進化のプロセスです。

人間は誰もが未発達、ということはいつからでも発達できるってことよ。

今からね。


香りは呼吸する時空気と一緒に吸い込まれ脳下垂体に伝達される。

香りが与えるの脳への刺激は脳下垂体を通して私たちの自律神経系・内分泌系、免疫系に伝達されます。そのことは気分やからだの動きや代謝にも影響があるということなんですね。

私も香りには興味があります。アロマオイルを使います。ただし、レッスンスぺースでは使いません。動きに十分注意を向けてほしいからです。使わない理由のもう一つは人によって快適と感じる香りは違うからです。

自宅のレッスンスペースでレッスンしているので、玄関・階段・トイレにはその日によってアロマオイルを選んで香りを楽しんでいます。

好きな香りは樹木系ティーツリーやユーカリが好きです。

今日はいただいたレモングラスの葉をお風呂にいれてリフレッシュしようっと!